Skip to main content
Image of business owner

2019年度EC消費者意識調査『UPS Pulse of the Online Shopper』

2019年度EC消費者意識調査『UPS Pulse of the Online Shopper』

『UPS Pulse of the Online Shopper』は、EC消費者の意識を調査することで、購入前から配送後まで、消費者の日常的な購買習慣の実態を把握できます。 消費者はどこで購入予定商品のリサーチをしているのか? 購入してから商品が届くまで待てる日数は? 小売業者の返品ポリシーに対して期待していることは何か? 一見客を常連客に変えるために、小売業者は何をすべきか?

2019年度アジア太平洋地域のエグゼクティブサマリー

2019年度の『Pulse of the Online Shopper』では、中国、香港、韓国、オーストラリアの4つの主なアジア太平洋市場における消費者の購買習慣を中心に調査を展開しています。 2019年版の調査では、企業対消費者間(B2C)のトレンドに加えて、企業間(B2B)購入者のオンラインショッピング習慣に関して独自の分析も行っています。

また、現在のオンライン小売業界を形成している3つの重要な側面と、こうした面が小売業者にどのような影響を与える可能性があるかについて検討しています。

·       ·       可視化: 商品の詳細な情報や、送料、配達日、返品ポリシーなどが簡単に確認できることに加え、顧客は購入経路全体を明確な可視化を望んでいます。

·       ·       インセンティブ: 消費者は、必ずしも特定の商品を購入したいという欲求だけを動機としているわけではありません。消費者に購入を決断させるには、他にもさまざまな方法があります。

·       ·       カスタマイゼーション: 現代生活のストレスや多忙さから、顧客が小売業者に期待するのは、必要なときに必要なものを提供してくれるというエンドツーエンドのサービスです。


Button-jp.png

最新情報のご案内

Eメールアドレスをご登録いただくと、お客様の出荷業務をサポートするキャンペーンやニュースなどの情報をお届けします。